陰茎増大の金額を調査!しっかり比較しながら検討しましょう

ペニスが短いというのは、男性の大きな性的悩みの一つです。病気ではありませんが、見た目がかっこ悪くて恥ずかしいというのがその理由です。女性であれば胸が小さいことを悩んでいるのと似ているかもしれません。このような悩みを解決するために様々な陰茎増大術が登場しています。

手軽な方法では陰茎増大を目的としたサプリメントが人気ですし、美容整形外科で陰茎増大の手術を受ける方も少なくありません。それぞれ金額や期待できる効果も異なりますので、どの方法が良いのかじっくり比較検討する必要があります。そして、後悔のないようにしたいものです。

陰茎増大のサプリメント

ペニスの長さというのは国や人種によってかなり異なり、日本人が白人や黒人のような巨大なペニスになることは遺伝的にほとんどありえないことです。平均的な日本人男性の長さは、勃起した状態で12~15cmくらいだと言われています。15cm以上あればかなり逞しいペニスを持っていると自信を持っても良いでしょう。

しかし、逆に12cm以下の場合、特に10cm以下の場合は短小と言わざるを得ません。セックスフレンドに対しても、少し恥ずかしい思いをするかもしれません。そこで何かペニスを大きくさせる方法はないかと色々調べて行くと、最初に発見するのが陰茎増大サプリメントです。様々な陰茎増大サプリメントが販売されていますが、その多くは血流量を増やして勃起力をアップさせることができます。

手軽さでは断トツで、陰茎増大効果だけでなく、精力アップ効果なども期待できます。ただ、その陰茎増大効果はというと、気持ち程度大きくなった気がするという方が多いようです。また金額も長期にわたって飲み続けていくとなると、決して安いとも言えません。精力アップ効果も期待しているということであればサプリメントでも良いのですが、本気で陰茎増大を期待するのならおすすめできません。

2種類の長径術で陰茎増大

本気で陰茎増大を期待するのなら、やはり美容整形外科において手術を行う必要があるでしょう。一般にこれを長茎術と言いますが、入院の必要も無く普段のケアもほとんど不要の簡単な手術もあります。しかし、いったいどのような方法で陰茎を長くすることができるのだろうかと不思議に思うかもしれません。

長径術というのは、陰茎が下腹部の内部に埋まってしまっているために短くなっているものを、外部に引っ張り出すことによってペニスの長さを2~5cmほど伸ばすことが可能です。この長茎術には、主に2つの施術方法があり、患者さんがどちらかを選ぶことができます。1つはメスを使わない方法です。切ることがないので、プチ整形感覚で手術を受けることができるのが魅力で、術後の制約もほとんどありません。とても手軽であり、金額は15~25万円前後が相場です。

費用を安く抑えて手軽に陰茎増大手術を希望する場合は、この切れない陰茎増大術がおすすめです。根本的にペニスを大きくしたいという方は、やはりメスを使う必要があります。メスを使って体内に埋没してしまっている部分を引き出すわけですが、その効果は絶大でより大きな効果を得ることができます。金額は倍の30~40万円前後が相場となっています。

亀頭増大術でペニス増大

体内に埋まった部分の陰茎を外に引っ張り出す長径術は、少し怖いあるいは抵抗があるという方もいることでしょう。また金額も高いと感じる方もあるかもしれません。もう少し安くて手軽な方法はないだろうかと方におすすめなのが、亀頭増大術です。亀頭部分を大きくすることで、陰茎全体の長さを長くすることができます。

亀頭増大術は、亀頭部分に身体に優しいヒアルロン酸の充填剤を注入することで、逞しいカリの高い亀頭を実現することができます。手術時間はわずか10分程度と短く、痛みもほとんどありません。パートナーを満足させるためには、実は単に長さや太さだけではなくだけ、この亀頭のカリの張り具合がしっかりあるかどうかがポイントとなります。

そのためこの亀頭増大術を行うことで、ペニスを増大させることができるだけでなく、パートナーにも満足を与えられるという一石二鳥の効果を得ることができるわけです。さらに、カリが高くなることで包皮がしっかりと剥け、仮性包茎ので改善効果も期待できます。金額は5~12万円前後が相場です。ヒアルロン酸の注入量によって異なります。なおヒアルロン酸は一度注入すると2~4年程度定着しますが、その後徐々に吸収されていきます。

まとめ

ペニスが短いということでコンプレックスを持っていたり、パートナーを満足させることができないという男性のために、様々な陰茎増大術があります。手軽なのはサプリメントを服用することですが、その効果は手術と比較すると気持ち程度です。より確かな効果を期待したければ美容整形外科で長径術を受ける必要があります。体内に埋まっているペニスを外に出すことで2~5cm程度の陰茎増大を期待することができ、メスを使う方法と使わない方法から選ぶことができます。また亀頭にヒアルロン酸を注入することで陰茎を増大させる方法もあります。それぞれの特徴をよく比較検討することをおすすめします。